【自分で名義変更】中古で安く軽トレーラーを購入する方法

軽トレーラーの名義変更について

軽トレーラーを落札した後、まずはじめにやったことは名義変更手続きでした。

というのも、今回私が落札した軽トレーラーは車検切れの状態(所有者は出品者の名義のまま、ナンバーや書類有り、自動車税納付済)でした。

ヤフオクで購入した中古の軽カーゴトレーラー

出品者の希望で名義変更が完了してからトレーラーを引き渡したいということだったので、事前に書類を送ってもらい、その書類を持って陸運局に行き、自分で名義変更手続きすることに。

その際に送ってもらった書類がこちら。

自動車検査証

中古の軽トレーラーに付属していた自動車検査証の備考欄

自動車税納付通知書

軽トレーラーの自動車税納付通知書

委任状

軽トレーラーの委任状

ナンバー

軽トレーラーのナンバー

その他に自分で準備しなければならないのは、

  • 新しく所有者となる人の住民票(市役所でもらえます)
  • 認印

です。

ちなみに、軽自動車の分類となる軽トレーラーは、普通車の場合に絶対必要となる車庫証明は、地域によって必要であるか、不要であるか分かれています。

届け出が必要な地域は、県庁所在地の市、人口10万人以上の市、東京や大阪の中心から30km圏内になる市などが対象です。

詳しくは、以下の全国軽自動車協会連合会のホームページで確認することができます。

以下にアクセスして、「軽自動車の車庫の届け出」をクリックしてください。

全国軽自動車協会連合会のホームページ

出典)軽自動車は車庫証明いらない(不要)?必要なら罰則や費用・必要書類は?|軽自動車専門情報サイト

私が住んでいるところは田舎なので、今回の軽トレーラーの名義変更に車庫証明はいりませんでした。

ここまで準備が出来たら、これらの書類を持って近くの陸運局(今回は軽自動車なので、敷地内に併設されている軽自動車検査協会)に行き、名義変更の手続きを行っていきましょう。

次のページでは、軽トレーラーの名義変更の具体的な手続方法についてお話していきます。