【保存版】軽自動車の廃車の手続き方法と費用まとめ

軽自動車を廃車にするために必要なもの

まずはじめに、軽自動車を廃車にするために必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】自動車本体

要らなくなった軽自動車を廃車にする手続き方法

軽自動車を廃車にするには、自動車を解体所に運ぶ必要があります。

ナンバー付きで自走できる状態であれば特に問題ありませんが、ナンバーがなかったり、自走できなかったりする場合は車を解体屋さんまで持っていくのが大変になる(仮ナンバーを取るとか、解体屋さんに引き取りに来てもらうなど)ので、少々面倒になります。

ですので、車検が切れる前までに廃車手続き(車を解体屋さんまで移動させる)をしてしまったほうがいいと思います。

【必要なものその2】書類一式

軽自動車を廃車にする際、以下の自動車に関する書類が必要になります。

  • 車検証(自動車検査証)
  • 自動車取得税・自動車税申告書(報告書)
  • 自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証明書)
  • リサイクル券

この中にあるリサイクル券は、自動車の購入時にスクラップに関わる費用を前払いしていることの証明書となっていますので、この書類があればスクラップ費用を請求されることはまずありません。

逆に、車をスクラップした後に残る鉄屑(てつくず、資源として価値がある)を買い取ってもらえますので、結果的に数千円のお金を貰える場合が多いでしょう。

上記(自分が持っている書類)の他に、解体屋さんで廃車手続きを行ってもらうための申請依頼書に記入する必要があります。

この書類は解体屋さんで準備してくれている(無料で貰える)ことが多く、そのばで受付の人に聞きながら記入するものになりますので、あまり気にしないでOKです。

【必要なものその3】印鑑

自動車の廃車手続きに必要な印鑑

軽自動車の場合、上記の書類に押印するための印鑑は、基本的に認め印(シャチハタは不可)でOKです。

【必要なものその4】自転車など

解体屋さんで廃車手続きの申請手続きが終わると、車をそのお店に置いて帰ることになります。

解体屋さんが少し遠いところにある場合、トランクに自転車などを積んでいって、帰りはそれに乗って変えるなどするのがいいと思います。

次のページでは、具体的な軽自動車の廃車手続きの手順についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました