個人所有の軽自動車を法人名義に変更する際の手続方法と必要書類まとめ

名義変更に必要なものについて

ここからは、個人所有の軽自動車を会社名義に変更する際に必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】自動車検査証(車検証)

軽自動車の名義変更で必要な書類の車検証

車検証はコピーではなく原本が必要です。

ほとんどの場合、車のダッシュボードの中などに保管されていますので、事前に探し出しておきましょう。

【必要なものその2】新使用者の住所を証する書面

軽自動車の法人名義変更で使った履歴事項全部証明書

使用者や所有者の住所(会社の所在地)を確認するために、下記のいずれかの書類(コピーでもOKな場合が多い)が必要です。

個人の証明書

  • 住民票の写し(発行後3カ月以内のものであり、マイナンバーが記載されていないもの)
  • 印鑑証明書(発行後3カ月以内のもの)

法人の証明書

  • 履歴事項全部証明書(発行後3カ月以内のもの)
  • 印鑑証明書(発行後3カ月以内のもの)

法人の証明書に関しては、事業証明書や営業証明書、課税証明書で代用することも可能です。

例えば、使用者が個人で所有者が法人という場合は、上記の個人・法人の証明書をそれぞれ1通づつ用意しておきましょう。

【必要なものその3】新使用者の印鑑

自賠責還付のための印鑑

後ほど説明する書面の中に、今回新しく使用者になる人(個人)が署名押印する箇所があります。

印鑑は認印でOK(印鑑証明不要)ですので、準備しておきましょう。

【必要なものその4】新旧所有者の印鑑

会社設立の際に約3000円で購入した印鑑3本セット

個人所有の軽自動車を法人名義に変更する場合、以前の所有者の人の印鑑(認印でOK)と、次に所有者となる法人の会社代表印(法務局に提出している印鑑、印鑑証明は不要)が必要です。

会社の印鑑にはいくつか種類がありますので、間違えずに持っていくようにしましょう。

【必要なものその5】ナンバープレート(使用の本拠の位置が変更になる場合のみ)

軽自動車の名義変更で必要なナンバープレート

車検証に記載されている使用の本拠地が変更された場合、ナンバープレートを取り替えなければなりません。

軽自動車に乗って名義変更手続きを行う軽自動車検査協会に行く場合は、そこに到着してから外せばOKですが、書類だけ持っていって手続きをする場合は、ナンバープレートをプラスドライバーなどで外して持っていきましょう。

住所が変わらず、使用の本拠地も変更ない場合、ナンバープレートの取替なしで書類上の名義変更だけで済む場合もありますので、ナンバーを取り外す前に一度最寄りの軽自動車検査協会に問い合わせておくのがベターです。

【必要なものその6】自動車検査証記入申請書

自動検査証記入申請書

自動車検査証記入申請書は、名義変更手続きを行う軽自動車検査協会の受付で受け取ることができます。

手続き当日に書類を受け取ってその場で記入してもOKですし、事前に入手して記入捺印しておいてもいいでしょう。

この書類の具体的な記入例は以下の通りです。

自動検査証記入申請書の記入例

【必要なものその7】自動車取得税・軽自動車税申告書

自動車取得税・軽自動車税申告書

こちらの書類も、名義変更手続きを行う軽自動車検査協会の受付で受け取ることができます。

具体的な記入例は以下の通りです。

自動車取得税・軽自動車税申告書の記入例

【必要なものその8】新ナンバープレート代金

上記でもお話をしましたが、住所が変わったりして使用の本拠の位置が変更になる場合のみナンバープレートを交付するためのお金(1480円、希望ナンバーの場合4220円、現金で支払う)がかかります。

ナンバープレートの変更がない場合は、この名義変更手続きで必要となる費用はありません。

【必要なものその9】自動車取得税

中古車を購入した場合、名義変更手続きのタイミングで自動車取得税を収める必要があります。

自動車取得税の税額は、実際の譲渡額ではなく、「課税標準基準額」に経過年数に応じた「残価率」をかけることにより計算します。

たとえば自家用普通乗用車の場合、残価率は新車時を1として、経過年数1年で0.68、2年で0.46と次第に低くなり、6年以上のものは0.1という数字となっています。

なお、課税標準基準額に残価率をかけた結果、「取得価額」が50万円以下となれば自動車取得税は非課税(税金がかからない)となります。

一般的に課税標準基準額は新車価格の90%程度となることが多いですので、それを参考に自動車税を概算してみると良いでしょう。

具体的な自動車取得税の税額が知りたい場合は、手元に車検証を準備して軽自動車検査協会に問い合わせてみるのがいいと思います。

次のページでは、具体的な名義変更手続きの方法についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました