【保存版】仮ナンバーの申請から取り付け返却まで徹底解説

仮ナンバーを申請するために必要な物

ここからは、仮ナンバーを申請するために必要な物についてお話していきます。

【必要な物その1】自動車臨時運行許可申請書

まずはじめに仮ナンバーを取得するために必要となるのが、申請窓口で無料でもらえる自動車臨時運行許可申請書という書類です。

この書類の細かな書き方については窓口の人が丁寧に教えてくれますので、心配しないでOKです。

仮ナンバー申請の一番のポイントは、この書類の「運航の目的」というところで、車検や登録、整備など、正当な理由以外では仮ナンバーの申請が却下されてしまいます。

仮ナンバーの申請で使える目的例

  • 車検切れ等の場合
    →車検切れの車を陸運局まで運び、「車検を受けるため」に仮ナンバーを申請する
  • ヤフオクなどの個人売買関連の場合
    →廃車(一時抹消、ナンバー無し)を引き取ってくるような場合、「整備のため」に一旦車を自宅にまで移動させるために仮ナンバーを申請する
    →車を引き取り後、その足で陸運局に行って名義変更&ユーザー車検を受けるなどというスケジュールにし、「車検、登録のため」という名目で仮ナンバーを申請する
  • 自宅で放置していた車を「廃車解体するため」に仮ナンバーを申請する

窓口では必ず仮ナンバーの申請理由を聞かれることになりますので、事前にどのような理由で仮ナンバーを申請するか決めておくと良いでしょう。

【必要な物その2】車の情報が分かる書類

次に必要な物は、仮ナンバーを取り付けたいと思っている車の情報が記載された書類です。

仮ナンバー申請の車検証

どのような書類があればいいのかというと、車体番号、車名、車体の形状などが確認できる書類がどれか一点でもあれば、仮ナンバーを申請することが可能となります。

  • 自動車検査証(車検切れになっていてもOK)
  • 抹消登録証明書(一時抹消でナンバー無しの車の場合)
  • 自動車予備検査証(予備検査を受けた車を購入した場合など)

なお、上記の書類については、コピーでもOKな場合が多いですので、個人売買などで先にコピーを送ってもらった場合でも対応できると思います。

上記の書類がひとつもない場合は、事前に申請先の区役所・市役所・町役場などに問い合わせてみてください。

【必要な物その3】自賠責保険証の原本

次に必要なものは、自動車損害賠償責任保険証(自賠責保険証)の原本です。

ここで気をつけなければならないことは、車検証の場合は期限が切れていてもOKでしたが、この自賠責保険証の場合は、有効期限切れのものではNGです。

自賠責保険の契約を更新(有効期限を伸ばす)ためには、自賠責保険証の左下に記載されている保険会社に連絡をするなどして、契約更新の手続きを進めましょう。

例えば、仮ナンバー取得申請の理由が車検を受ける(仮ナンバー取得後、ユーザー車検するなど、車検通過後2年間は車に乗る計画がある)ためなのであれば、取得前に仮ナンバー運行期間分を余分に一ヶ月分長くしておいたた自賠責保険(25ヶ月のタイプ)に加入しておけばいいでしょう。

一ヶ月延長分の自賠責保険料の追加分は1000円程度ですので、車検のために仮ナンバーを申請するのであれば、25ヶ月タイプの自賠責保険に加入しておきましょう。

自賠責保険料(普通車の場合)

  • 24ヶ月契約;25830円(1076円/月)
  • 25ヶ月契約;36680円(1067円/月)

自賠責保険料(軽自動車の場合)

  • 24ヶ月契約;25070円(1044円/月)
  • 25ヶ月契約;25880円(1035円/月)

参考文献)基準利率(PDF)|国土交通省

そうしておけば、ユーザー車検時にその自賠責保険をそのまま活用してくことが出来ます。

この他に、廃車(スクラップ)のために車を動かすような場合は、本来であれば仮ナンバー申請期間中だけの自賠責保険に入れればいいのですが、自賠責保険は契約期間が1ヶ月毎なので、一番短い契約期間を選んでも5870円/1ヶ月間(上記のPDF参照)となってしまいます。

契約期間が短い分かなり割高な金額になってしまいますが、こればっかりは同しようもないことですので、1ヶ月の自賠責保険に加入しておきましょう。

裏技として「商品車」という車屋さんなどが車を他の店に移動する場合に使う「5日間」だけの契約もあります。

仮ナンバーを借りる場合には、自動車の車台番号または役所などから借り受ける仮ナンバーの番号が記入された自賠責保険の証明書の提示が必要です。

自賠責保険の取扱いを行っております損保ジャパン日本興亜の取扱代理店または損保ジャパン日本興亜営業店にてご契約ください。

(通常、保険期間:5日間、車種:商品自動車のご契約となります。)

車台番号など自動車の情報が分かるもの(自動車検査証等)をご用意のうえでお手続きいただきますようお願いします。

出典)自賠責保険について|損保ジャパン日本興亜

詳しいことは、自賠責保険証左下に記載されている保険会社か、その他自賠責保険を取り扱っているところ(各種保険会社など)に問い合わせてみてください。

ただし、商品者として契約できた場合でも保険料は5日間で約5000円ですので、1ヶ月契約より1000円ぐらいしか安くなりません。

自賠責保険の手続きに関してすったもんだしたくないのであれば、ちょっと高いですが1ヶ月タイプの方を選んでおいたほうがいいと思います。

【必要な物その4】身分証明証

仮ナンバーを申請するためには身分証明証が必要ですので、免許証などを準備しておきましょう。

原付の廃車手続きで必要な身分証明書

【必要な物その5】印鑑(認印でOK)

必要な物その1で紹介した自動車臨時運行許可申請書には、印鑑を押すところがあります。

認印でOKですので、準備して持っていくようにしましょう。

【必要な物その6】現金(約750円)

仮ナンバーの申請取得費用は750円(地域によって多少違いあり)です。

申請手続きの最後に支払い(現金のみ)がありますので、準備しておきましょう。

仮ナンバー取得費用

次のページでは、仮ナンバーの具体的な申請手順についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました