【保存版】仮ナンバーの申請から取り付け返却まで徹底解説

仮ナンバーとは?

まずはじめに、仮ナンバーとは一体どういうものなのかということについてお話していきます。

車検が切れていたり、ナンバーのない車で道路を走行したりする時に、一時的にナンバーを取得することができる制度(臨時ナンバー)のことです。

仮に、車検切れやナンバーのない状態で道路を走行した場合、道路運送車両法違反となり、以下のような罰則が課せられます。

車検が切れた車を公道で走らせた場合
(無車検車運行:道路運送車両法違反)

1.違反点数6点(前歴がない場合)
2.30日間の免許停止
3.6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

引用)車検切れのペナルティ(罰則)は何があるのか|GooPit

ただ、実際問題、本当に車検が切れた車が公道を走ってはいけないというルールを徹底してしまうと、車検を受けるためだけに、積車(車を荷台に積んで運べるトラック)で陸運局に行ったりしなければならなくなります。

それでは不便だということで、車検切れの車でも車検や整備など、決められた目的のためであれば車検が切れた車でも一時的に道路の走行を許可する仕組み(自動車臨時運航許可、仮ナンバー)があります。

自動車臨時運行許可(仮ナンバー)

自動車の新規検査、登録または自動車検査証の有効期間が満了した自動車などが検査(車検)を受けるなど、運行を臨時に認めるための仮ナンバーを貸出しする制度です。

引用)自動車臨時運行許可(仮ナンバー)|鈴鹿市

この仮ナンバーを発行しているのは所轄の区役所・市役所・町役場などとなっていますので、そこに行って「仮ナンバーがほしいのですが・・・」と言って、必要な書類を渡し、仮ナンバーの申請書に記入していけば、素人でも簡単に仮ナンバーを取得することができます。

仮ナンバーの取得費用は約750円(現金)で、有効期間は3~5日(市町村によって多少異なる)となっています。

仮ナンバーの申請理由について

仮ナンバーは一時的に整備や登録手続きなどの理由でナンバー無し、または車検切れの車を自走させるために用意されているものとなります。

ですので、申請理由が単に車を運行するという理由だけ、例えば「車検が切れているけど、その車を使って遊びに行きたいから仮ナンバーを申請したい」等の理由では、仮ナンバーを申請することはできません。

ただし、ヤフオクなどの個人売買などで廃車(一時抹消、ナンバー無し)を引き取ってくるような場合、「整備のため」に一旦車を自宅にまで移動させるとか、車を引き取り後、その足で陸運局に行って名義変更&ユーザー車検を受けるなどというスケジュールにしておけば、「登録のため」という理由で仮ナンバーを申請することが可能です。

ここまでお話すると、仮ナンバーがどういうものか理解できてきたと思いますので、次のページでは、仮ナンバーを申請するために必要な物についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました