【廃車】自動車の一時抹消手続きを自分で行う方法

【STEP1】陸運局の案内窓口で一時抹消登録をしたいことを伝える

一時抹消登録を行うためには、陸運局と呼ばれるところで手続きをする必要があります。

陸運局は各都道府県に設置されているのですが、基本的には車検証の右上の方に記載されている名称の陸運局に行くことになります。

一時抹消登録で手続きを行う陸運局の名称

今回の場合は、三重陸運支局というところに行けば一時抹消登録の手続きが行えるということです。

三重運輸支局へようこそ

出典)国土交通省中部運輸局三重運輸支局

陸運支局に到着したら、まずはじめに案内窓口に行き、「一時抹消登録をお願いしたいのですが・・・。」と担当者に声をかけていきましょう。

すると、書類を見せてくださいと言われるので、前日までに用意した物を渡してチェックしてもらいます。

書類のチェックが終わったら、その場で手数料納付書を渡してもらえます。

一時抹消登録の手数料納付書を渡される

その後、手続きの流れを教えてくれますのでしっかりと聞いておきましょう。

一時抹消登録の手続きの流れが書かれた紙

地域によっては、上記のような登録の流れが書かれた紙などもある場合があります。

ちなみに、手数料納付書の上の方には名前や住所、ナンバーの番号(自動車登録番号、車検証に書いてある)などを書くところがありますので、この段階でボールペンなどで記入しておきましょう。

手数料納付書に記入

【STEP2】一時抹消登録申請書を受け取る

次に、一時抹消登録申請書を陸運局内にある代書コーナーという窓口で受け取ります。

代書コーナーを見つけたら、「一時抹消登録の申請書がほしいのですが・・・。」と窓口の人に声をかければ、無料で申請書をもらえます。

陸運局に提出する一時抹消登録申請書

この申請書の記入については、以下のような記入例が陸運局に貼られていますので、それを見ながら車検証に記載されている内容を書き写したり、氏名や住所の記入、実印の押印を進めていきましょう。

一時抹消登録申請書の記入例

次のページでは、一時抹消登録の具体的な手続き手順ATEP3~5についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました