【廃車】自動車の一時抹消手続きを自分で行う方法

一時抹消登録手続きに必要な書類について

まずはじめに、一時抹消登録に必要な書類についてお話していきます。

【必要な物その1】車検証(自動車検査証)

まずはじめに準備しておきたいものは、車検証(自動車検査証)です。

車検証は車のダッシュボードの中などに保管されていることが多いですので、車検証がちゃんとあるかどうか事前に取り出して確認してみてください。

【必要な物その2】所有者の委任状(所有者が自分の場合は不要)

先程取り出してもらった車検証に記載されている「所有者」の欄に自分の名前が記載されている場合は、委任状なしで一時抹消の申請を行うことができます。

車検証の所有者の欄

ですが、この所有者の欄に自分以外の名前や住所が記載されている場合、別途「委任状」と呼ばれるものを用意する必要があります。

必要書類のダウンロード│廃車手続き無料の廃車プロ_com

出典)必要書類のダウンロード|廃車プロ.com

例えば、マイカーローンなどで車を購入した場合、所有者の欄がローン会社の名前になっていたり、親から譲り受けたもので所有者がまだ親の名前になっているようなケースもあります。

いずれにせよ、所有者の欄の名前が自分の名前ではない場合、このような委任状がないと一時抹消ができませんので、所有者の人に委任状を送付し、記入、押印(実印)をお願いして返送してもらいましょう。

所有者がローン会社になっている場合、一度ローン会社に問い合わせてみてもらいたいのですが、基本的に断られることが多く、その場合一時抹消をすることができないので注意が必要です。

なお、この委任状は一時抹消登録を行う陸運局に行くか、ネット上から適当なものをダウンロードして利用することができますが、記入ミスなどによって陸運局で登録できない、委任状の書き直しが必要になることが多いため、初めて手続きをする場合は、事前に陸運局で用紙の入手と記入方法の説明を受けることをおすすめします。

【必要な物その3】実印と印鑑登録証明書

自動車の一時抹消で必要な印鑑証明書

陸運局に行ってから手に入れる「一時抹消登録申請書」(後ほど説明)には、所有者の実印を押印する箇所があります。

陸運局に提出する一時抹消登録申請書

先程の車検証の所有者が自分の名義になっている場合、ご自身の実印とその印鑑の印鑑登録証明書(発行されてから3ヶ月以内のもの)も準備しておきましょう。

印鑑登録証明書はお住いの市役所などで入手することが可能(手数料300円、地域によって異なる)です。

なお、市役所などで印鑑証明書を発行してもらうためには、身分証明書(免許証など)と印鑑登録書(6桁の番号が記載されているもの)も必要になりますのでご参考まで。

一時抹消登録で必要な印鑑登録証明書をもらうための印鑑登録書

注意してもらわなければならないことは、車検証の所有者の名義が自分以外の人になっている場合、印鑑証明書は所有者の人のものが必要になります。

というのも、先ほどお話した通り、手続きを行う陸運局で入手可能な「一時抹消登録申請書」には所有者の人の実印を押す箇所があり、その実印を証明するための印鑑登録証明書が必要になるからです。

今の段階ではまだすっきりしないかもしれませんが、とにかく印鑑証明登録書に関しては、車検証の所有者のものがあればOKですので、準備しておいてください。

次のページでは、自動車の一時抹消登録に必要なものその4~8についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました