原付バイクを友達に譲渡する時に必要な書類手続きまとめ

異なる区市区町村に住んでいる友達に原付バイクを譲渡(廃車→再登録)する場合

ここからは、異なる区市町村に住んでいる友達に原付バイク(50~125cc)を譲渡(廃車→再登録)する場合の手続方法についてお話していきます。

まず、異なる区市町村に住んでいる場合、原付バイクの車両に取り付けられているナンバーそのものを返却交換する必要が有るため、同じ区市町村に住んでいる場合のように、書類上の名義変更だけというわけにはいかなくなってしまいます。

具体的には、①廃車手続き(ナンバーの返却)を行った後、②ナンバーの再登録手続き(ナンバーの交付)を行うという流れになります。

この名義変更手続きは、原付バイクを譲る側の人と原付バイクを譲り受ける側の人が一緒に市役所の窓口に行くと、とてもスムーズに手続きを進めることが出来ます。

でも、多くの場合、原付を譲る側の人の方で①の廃車手続きを行い、後日、原付を譲ってもらう側の人が②のナンバーの再登録手続きを行うという流れで名義変更を行うこともあります。

  1. 廃車手続き(原付バイクを売る側の人が行う)
  2. 再登録手続き(原付バイクを売ってもらう人が行う)

ですので、この記事では上記のような流れで原付を譲渡(廃車→再登録)する手順についてお話していきます。

なお、原付Ⅰ種(50cc以下の白色ナンバー)も、原付Ⅱ種(51~125ccまでの黄色やピンク色のナンバー)も、必要なものや手続き手順は同じとなります。

廃車手続きするために用意するもの(譲渡する側の人が準備)

まずはじめに、原付バイク(50~125cc)を譲る側の人が廃車手続きをするために必要な書類について紹介していきます。

【廃車に必要な書類その1】標識交付証明書

譲渡する人が原付バイクを廃車にするために必要となるのが標識交付証明書です。

原付の廃車に必要な標識交付証明書

この書類は、以前、譲渡する予定の原付バイクのナンバーを取得したタイミングで、同時に受け取っているものです。

もし、この標識交付証明書をなくしてしまった場合は、譲渡する側の人が原付バイクを登録した市区町村の役場の窓口(廃車手続きをする窓口と同じ)に行って、再発行してもらう必要があります。

標識交付証明書を再発行してもらう際は、免許証などの身分証明書と印鑑(認印でOK)が必要になりますので、忘れずに持っていきましょう。

【廃車に必要な書類その2】ナンバー

原付の廃車手続きで必要なナンバープレート

原付バイクを廃車にする場合、ナンバーを返却する必要があります。

プラスドライバーと10mmのスパナで簡単に取り外すことができますので、ナンバーを自分で取り外して持っていきましょう。

【廃車に必要な書類その3】軽自動車税廃車申告書兼標識返納書

原付バイクを廃車にする場合、軽自動車税廃車申告書兼標識返納書という書類が必要です。

軽自動車税廃車申告書兼標識返納書のフォーマット

この書類は廃車手続きを行う市区町村の窓口で無料でもらうことができます。

この書類の書き方は後ほど詳しく説明しますが、窓口の人に聞いても色々と教えてくれますので、心配しなくてもOKです。

【廃車に必要な書類その4】身分証明書

原付の廃車手続きで必要な身分証明書

原付バイクの廃車手続きを行う場合、窓口で身分証明書を見せくださいと言われることがありますので、免許証などの身分証明書を持っていくようにしましょう。

【廃車に必要な書類その5】印鑑

先ほどお話した窓口で貰える「軽自動車税廃車申告書兼標識返納書」には、印鑑を押す場所があります。

認印でOKですので、忘れずに持っていくようにしましょう。

なお、原付バイクの廃車手続きは手数料無料の場合が多いですが、稀に手数料が必要な場合がありますので、一度窓口に問い合わせてみてください。

次のページでは、譲渡する側の人が行う原付バイクの廃車手続きの具体的な方法についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました