原付バイクを友達に譲渡する時に必要な書類手続きまとめ

同じ市区町村に住んでいる友達に原付バイクを譲渡(名義変更)するために必要な書類

まずはじめに、同じ市区町村に住んでいる友達に原付バイク(50~125cc)を譲渡する場合に必要となるものについてお話していきます。

【必要な書類その1】標識交付証明書(譲渡する側の人が準備)

はじめに必要となるのが標識交付証明書です。

原付の廃車に必要な標識交付証明書

この書類は、以前、譲渡する予定の原付バイクのナンバーを取得したタイミングで、同時に受け取っているものです。

もし、この標識交付証明書をなくしてしまっている場合、譲渡する側の人が原付バイクを登録した市区町村の役場に行って、再発行してもらう必要があります。

標識交付証明書を再発行してもらう際は、免許証などの身分証明書と印鑑(認印でOK)が必要になりますので、忘れずに持っていきましょう。

基本的には、この標識交付証明書がないと名義変更する際に面倒なことになるため、この書類はきっちりと準備しておくことをおすすめします。

【必要な書類その2】軽自動車税申告書ならびに標識交付申請書(どちらが準備しても良い)

次に必要なものは、軽自動車税申告書ならびに標識交付申請書というものです。

原付登録で必要な軽自動車税申告書ならびに標識交付申請書

この書類は、原付バイクの名義変更手続きを行う窓口(市町村の役所、市役所など)で無料でもらうことができます。

詳しい書き方については後ほど詳しく説明しますが、窓口の人に聞いても丁寧に教えてくれますので、心配しなくてもOKです。

【必要な書類その3】譲渡証明書(譲渡する側の人が準備)

原付バイクの名義変更のために市区町村役場まで譲渡する人と譲渡してもらう人の両者が立ち会える場合には不要なのですが、例えば、次の所有者となる譲渡してもらう人だけで手続きを行う場合、譲渡証明書と呼ばれる書類が必要となります。

原付バイクの譲渡証明書

出典)ほっとライン-(原動機付自転車の名義変更ほか)|横浜市

この証明書があれば、原付バイクを譲渡してもらったこと証明することができますので、原付バイクを譲渡しようとしている人がいなくても、譲渡してもらう側の人だけで名義変更手続きを進めていくことが出来ます。

この譲渡証明書も名義変更する区市町村の役所の窓口でもらうこともできますし、適当なものをインターネットなどから探して印刷して使ってもOKです。

【必要な書類その4】印鑑(譲渡してもらう側の人で準備)

原付バイクの名義変更には、譲渡する側の人の印鑑と、譲渡される側の人の印鑑が必要です。

名義変更は譲渡する側の人、譲渡される側の人、どちらが行ってもよいのですが、基本的には譲渡される側の人が行うことが多いと思います。

その場合、譲渡する側の人の印鑑が必要なのは先ほど紹介した譲渡証明書の上の方にある「譲渡人」というところだけとなります。

ですので、事前に譲渡証明書に記入捺印してもらっておけば、名義変更手続きに持っていくべき印鑑は譲渡される側の人の印鑑だけでOKということになります。

【必要な書類その5】身分証明書(窓口に行く人のもの)

原付の廃車手続きで必要な身分証明書

窓口で手続を行う際は、申請者(手続きを行いに来た人)の身分証明書が必要となります。

免許証などでOKですので、忘れずに持っていきましょう。

【必要な書類その6】自賠責保険証(譲渡する側の人で準備)

これは名義変更手続きに直接関係はないのですが、原付バイクの自賠責保険の有効期限がまだ残っている場合、それを解約する(多少の返金あり)か、友達に譲ってあげるか決める必要があります。

というのも、自賠責保険はバイクの車両そのものに付加するタイプの保険になるので、一般的には保険者の名義が変わってもそのまま効力を持ち続けます。

ですので、原付バイクを譲渡するタイミングで自賠責保険証も友達に譲ってあげれば、友達は有効期限が来るまでその自賠責保険を使い続けることが出来ます。

逆に、原付バイクを譲渡するタイミングで解約する場合、残りの自賠責保険の有効期限分の保険料を還付してもらうことが出来ます。

>>自賠責保険の解約、還付手続き方法

このように、原付バイクを譲渡するタイミングで自賠責保険を解約したり、そもそも自賠責保険の有効期限が切れてしまっている場合は、原付を譲ってもらう友達の方で名義変更が完了した後に、新たに自賠責保険に加入する必要があります。

その具体的は方法は後ほど紹介していきます。

>>自賠責保険への加入方法(5ページ目)

次のページでは、原付バイクの具体的な名義変更手続きの方法についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました