原付バイクを友達に譲渡する時に必要な書類手続きまとめ

原付の廃車に必要な標識交付証明書

車を購入したり、引っ越ししたりする関係で、原付バイクに乗らなくなった場合、原付バイクを売却したり、廃車にしてしまうことがほとんどです。

>>原付バイクの廃車手続きと必要書類

でも、身近な友達に原付きバイクが欲しい人がいる場合、その人に譲ってあげるのも一つの手です。

ただ、原付バイクを譲渡する場合、登録書類の名義変更(書類上の名義を自分から友達に変更する手続きのこと)を行う必要があります。

この名義変更をしっかりとやっておかないと、毎年春にやってくる軽自動車税の支払いをしなければいけなかったり、万が一、譲ってあげた友達が事故を起こしてしまったときなどに、原付の書類上の所有者である自分まで面倒なことに巻き込まれてしまうこともあります。

ナンバーの登録手続きというと、少し難しそうなイメージがありますが、原付バイク(50~125cc未満)の場合、素人でも市区町村役場に行けば、窓口の人に色々と聞きながら簡単に手続きすることができます。

  • 市区町村役場(市役所など)で手続き ←今回はこちら
    原付バイク(50cc以下;白色のナンバー、51~125cc;黄色またはピンク色のナンバー)
  • 陸運局で手続き
    中型バイク(126~250cc、白色のナンバー)、大型バイク(251cc以上、縁が緑色の白色ナンバー)

名義変更の費用については、役場での名義変更(ナンバーを受け取るまでの手続き)については無料のことがほとんどで、原付は車検もないため手続きは書類上だけなので、誰でも簡単に名義変更をすることができます。

ちなみに、20歳以下の未成年者(大学生や高校生など)でも免許が取れる16歳以上であれば、自分達だけで手続きを進めていくことが可能です。

そこで今回は、友達に原付バイクを譲渡する場合の名義変更(ナンバー登録)の具体的な方法について、名義変更に必要なものから、具体的な手続方法までステップごとに詳しくお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました