【ナンバー変わる】原付バイクの名義変更に必要な書類と手続き方法まとめ(市外県外編)

原付の再登録手続きで用意するもの(譲り受ける側の人が準備)

ここからは、原付バイク(50~125cc)を売ってもらう側の人が、新らしい原付バイクのナンバーを手に入れるための登録手続きに必要な書類について紹介していきます。

【再登録に必要な物その1】廃車証明書

個人売買などで譲り受けた中古の原付バイクのナンバー登録をする場合、廃車証明書という書類が必要です。

原付の廃車証明書のイラスト

廃車証明書は、前の所有者(原付バイクを売った人)がそのバイクを廃車にした時に、ナンバーと引き換えに受け取っているはずの書類のことです。

個人売買などで中古の原付バイクを購入する場合は、このような廃車証明書も忘れずにもらっておきましょう。

ちなみに、地域によって廃車証明書のフォーマットが色々あるのですが、上記のように廃車証明書の右側のところにある譲渡証明書がセットになっているタイプの場合、譲渡証明書(赤枠内)に前の所有者の人の住所と氏名、押印(認印でOK)を忘れずに記入しておいてもらいましょう。

このようなフォーマットではない(譲渡証明書がセットになっていない)場合、登録先の窓口などで事前に譲渡証明書を受け取ったり、インターネットなどで適当な譲渡証明書をダウンロードしたりして、原付バイクを譲ってくれる人に名前や住所、押印してもらっておけばOKです。

原付バイクの譲渡証明書

出典)ほっとライン-(原動機付自転車の名義変更ほか)|横浜市

【再登録に必要な物その2】軽自動車税申告書ならびに標識交付申請書

次に必要なものは、「軽自動車税申告書ならびに標識交付申請書」というものです。

原付登録で必要な軽自動車税申告書ならびに標識交付申請書

この書類は、原付バイクの登録手続きを行う窓口(市町村の役所、市役所など)で無料でもらうことができます。

詳しい書き方については後ほど詳しく説明しますが、窓口の人に聞いても丁寧に教えてくれますので、心配しなくてもOKです。

【再登録に必要な物その3】石刷り

廃車証明書のところでも少しお話しましたが、地域によっては廃車証明書があったとしても原付バイクのナンバー登録に石刷りが必要な場合があります。

原付のナンバー登録で必要な場合がある石刷り

殆どの地域では石刷り無しで登録できるのですが、稀に石刷りが必要な場合もありますので、事前に窓口などで必要かどうかについて聞いておくと良いでしょう。

【再登録に必要な物その4】身分証明書

原付の廃車手続きで必要な身分証明書

原付バイクの登録手続きを行う場合、窓口に行った人の身分証明書を見せくださいと言われることがありますので、免許証などの身分証明書を持っていくようにしましょう。

【再登録に必要な物その5】印鑑

先ほどお話した窓口で貰える「軽自動車税申告書ならびに標識交付申請書」には、譲り受ける人の印鑑を押す場所があります。

認印でOKですので、忘れずに持っていくようにしましょう。

【再登録に必要な物その6】お金

市町村役場で行う原付バイクのナンバー登録手続きは、基本無料で行うことができますので、市役所などの窓口でお金を払うことはありません。(一部必要となる地域もあります。)

ですが、原付バイクはナンバーを受け取った後、自賠責保険に入ってそのシールをナンバーに貼り付けないと、公道を走ることはできません。

自賠責保険のシールを原付のナンバーに貼る

原付のナンバー登録後に必要な自賠責保険

出典)自賠責に入ってますか?|日本損害保険協会・外国損害保険協会・JA共済・全労済・全自供・交協連

自賠責保険への加入(シールを受け取ること)はセブンイレブンなどのコンビニでも簡単に行うことができます。

ただし、自賠責保険に加入するためには、必要な保険期間(自分で決める)に応じた保険料を支払う必要がありますので、事前に準備しておきましょう。

出典)バイク自賠責保険トップ|セブンイレブンで入る保険

例えば、大学1年生の人が自賠責保険に入る場合、4年生の卒業まで原付バイクを使用する場合、48ヶ月の契約分14,690円となります。

ただ、ちょっとそこまでお金がないなぁという人の場合、例えば24ヶ月(2年)分の9,950円で保険に加入し、2年後にもう一度保険加入手続きを行うという事もできます。

長期で入っておくほうが保険料は節約できますが、お財布の中身と相談しながら決めておくといいと思います。

自賠責保険の詳しい加入方法については、こちらの記事が参考になると思います。

>>【簡単】原付バイクの自賠責保険の加入手続き方法

ちなみに、自賠責保険は人ではなく車両に対して付加するタイプのほけんですので、前所有者の人から有効期限が残った自賠責保険(シールと保険証)を譲り受けた場合、その有効期限が切れるまではその自賠責を使って原付に乗ることも可能です。

ただ、一般的には譲渡する側の人は原付のナンバーを返却するタイミングで自賠責保険を解約することがほとんどですので、原付を譲ってもらった場合は自分で自賠責保険に入り直さなければならないものだと思っておきましょう。

次のページでは、原付バイクのナンバー再登録手続きの具体的な方法についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました