原付バイクの廃車手続きを自分で行う方法(50~125cc編)

原付バイクの廃車手続きの具体的な方法

ここからは、原付バイクの廃車手続きの具体的な方法についてお話していきます。

【STEP1】市町村の役場の窓口に行く

原付バイクの廃車手続きは、市町村の役場(住民票があるところ、区役所、市役所など)の市民税課というところで行うことができます。

まずはそこに行って、「原付バイクを廃車にしたいのですが・・・」と窓口の人に話しかけます。

すると、その場で原付バイクの廃車手続きに必要な書類などをチェックしてくれますので、事前に準備しておいた物を提出していきましょう。

【STEP2】申請書に記入する

原付バイクの廃車手続きに必要なものが一通り揃っているのが確認できたら、先ほど【必要な物その3】でお話した軽自動車税廃車申告書兼標識返納書がもらえます。

軽自動車税廃車申告書兼標識返納書のフォーマット

申請書を受け取ったら、窓口の人に聞きながら、氏名や住所、登録する原付バイクの情報(標識交付証明書に記載の内容)を記入していきましょう。

申請書の記入例はこちら。

軽自動車税廃車申告書兼標識返納書の記入例

①日付

原付バイクの廃車手続きを行う日付を記入します。

②所有者、使用者、届出者

所有者、使用者、届出者の欄には、自分(原付バイクを廃車にする人)の氏名、住所、生年月日、電話番号(携帯でも可)を記入し、押印します。

役所によっては「使用者と届出者の欄は「同上」と書いておいてもらえればOKですよ~」というところもありますが、それぞれの欄の内容が同じであっても、全ての欄に省略せず記入するのがベストです。

印鑑は、三文判や認印でOKです。

③申告の理由

申告の理由のところは、当てはまるところにチェックを入れましょう。

今回の場合、原付バイクを廃車にする予定ですので「廃車」というところに、チェックを入れておいてください。

④種類

種類の欄は、これから登録する原付バイクの排気量によってチェックするところが異なります。

50cc以下であれば左側の一番上に、51~90ccであれば左側の上から2番目に、91~125ccであれば左側の上から3番目にチェックを入れてください。

正確な排気量は標識交付証明書に記載されていますので、そちらを確認してみましょう。

⑤標識番号

標識番号のところには、標識交付証明書に書かれているナンバーの番号を書き写しておきましょう。

⑥廃車年月日

廃車年月日のところには、廃車にしたい日を記入していきます。

基本的には、廃車手続きを行う日と同じにしておけばOKです。

⑦主たる定地場

主たる定地場は左側に記入した住所と同じ場所で保管していた場合、「1」に◯をつけましょう。

⑧車名など

赤枠内は、標識交付証明書などに記載されている内容を、分かる範囲で記入しましょう。

わからないところは、空欄のままでOKです。

⑨標識返納の有無

標識返納の有無とは、ナンバーの返却があるかどうかということなので、「有」の方を◯しておきます。

⑩廃車証明書

廃車証明書が必要かどうかということについては、自賠責保険が残っている場合、その還付金を受け取るために廃車証明書が必要になりますので、「保険用」というところにチェックを入れておきましょう。

また、今後、この原付バイクを誰かに譲渡する(売却する)予定があり、その人がもう一度原付のナンバーを取得する可能性がある場合、「再登録用」の方にもチェックを入れておきましょう。

ここでチェックを入れた枚数分、廃車証明証が貰えることになります。

【STEP3】廃車証明書を受け取る

申請書に記入して5~10分ほど待つと、廃車証明書というものを受け取ることができます。

原付の廃車証明書のイラスト

廃車証明証の右側に譲渡証明書というものがくっついている場合があるのですが、これから原付を廃車にする場合は、そこに何も記入せず、そのまま保管しておけばOKです。

ちなみに、譲渡証明書に記入するのは、誰かに原付バイクを譲渡(売却)する場合で、その場合は赤枠内の部分に氏名や住所を記入し、押印し、原付バイク車両と共にその廃車証明書の原本を手渡してあげましょう。

そうしておけば、次に原付バイクを譲り受ける人側で原付バイクのナンバーの再登録をする際に、スムーズに登録手続きをすすめることができるようになります。

【STEP4】自賠責保険の還付を受ける

廃車した原付バイクに自賠責保険が残っている場合、残りの期間分の保険料を還付してもらうことができます。

自賠責保険証の下の方に記載の保険会社に廃車したことを伝えると、その後の手続の流れを説明してくれますので、それに従って手続きを進めていきましょう。

自賠責保険証に記載の保険会社

自賠責保険の還付を受ける際、先程申請しておいた廃車証明書が必要になりますので、捨てずに保管しておいてください。

通常であれば、申請後2~3週間ほどで指定の銀行口座に還付金が振込まれます。

自賠責保険の有効期間がまだ残っている場合は、この自賠責保険の還付手続きも忘れずにやっておきましょう。

お疲れさまでした。

これで、基本的な原付バイクの廃車手続きは完了です。

最後に一言

今回は、原付バイクの廃車手続きを自分で行う方法(50~125cc編)についてお話しました。

はじめての人には原付きバイクの処分手続きは少し難しく感じるかもしれませんが、一つづつやることをこなしていけば、素人でもやり遂げることはできると思います。

原付バイク本体の処分については、もしバイクがまだ動くとか、ちょっとした故障だけなのであれば、インターネットなどで売却の査定を依頼してみるといいと思います。

最近では、バイクを解体して中古パーツとして販売したり、発展途上国などに輸出するというような用途も増えてきたので、故障したバイクにも多少でも値段がつくことが増えてきました。

ただし、事故などでかなりのダメージを受けたバイクの場合は、もうスクラップにしてしまうしかないので、近所のスクラップ屋さん(屑鉄屋さん)に持ち込んで処分してもらいましょう。

その場合の費用は5000~8000円ぐらいが相場になると思います。

原付バイクを廃車にする時の参考にしてみてくださいね。

それでは!




タイトルとURLをコピーしました